自分で治す努力を! 線維筋痛症の患者さんに捧ぐ

 もしあなたが、ある日突然原因不明の病気にかかったらどうしますか?
病院に行って様々な検査をしても原因が解らない。
しかもその症状が我慢できないほどの痛みだとしたら。
医者は首をかしげ、出される薬はあまり効かない・・・。猫
そのような状況が3ヶ月以上続くようなら、あなたは線維筋痛症かもしれません。


 この原因不明の慢性疼痛が続く線維筋痛症は、
最近になってやっと各方面で取り上げられるようになった病気です。
私としては、昔からあった症状に名前が付けられたと言う感じです。
苦しんでいる人は多く、人口の1〜2%の方が患っていると言われています。
単純に計算しても全国に約100万人以上はいることになります。

 症状も様々で、十年以上も苦しんでいて、
今なお車椅子の生活をされている方もいます。
一方で普段の生活ができる方、1年程度で治った方もいます。
私もかつては激しい痛みに苦しんでいましたが、
今は全快してごく普通に暮らしています。原
因が解らないだけに治りにくいのは確かではありますが、
必ず良くなる病気だと思います。
工事中クマ
 私の症状は軽いほうだったかもしれませんが、
どうやって病を克服したのか、何をして復帰できたのか、
拙い文章ですがご紹介したいと思います。
少しでも慢性的な痛みで苦しんでいる方々の励みになれば幸いです。

1、 私も病気で苦しんでいました。 発症からの病状と、病になって得たこと、感じたこと
2、 線維筋痛症になったら・・・他力本願 周囲の人の協力で病気を治すためのヒント
3、 線維筋痛症になったら・・・自力本願 自分の努力で病気を治すためのヒント。

 うつやパニック障害のような心や精神の病もつらいけど、
なかなか鎮まらない痛みは本当に苦しいです。
もしつらさや不安で押しつぶされそうなら、連絡を下さい。
また健康法,治療法など聞きたいことなどありましたら、
遠慮なくメールしてください。きっとお役に立てると思います。

メールのアイコン

 ライン