法人対応アクセス解析




温泉クマ霊性を高めるために温泉クマ

 皆さんは霊性を高める重要性どのぐらい感じていますか?

霊性を高めるためには、まず霊性を理解し、
自分がどの段階にいるのかを知らなければなりません。

大事なのは己を知ること。その後に自分に適う方法を選び、
霊性の向上を目指しましょう。

 リストマーク ここ50年ぐらいで我々の生活はめまぐるしく変化してきました。

 日本を始め先進国と言われる国々では、便利で快適で豊かになり、
物質にあふれ、誰もが贅沢な生活を享受しています。

 不況だリストラだと言っても、内戦や災害で食べるものが無く、
飢えや病気で命を落とす人々がいる国に比べれば、
日本はどれほど恵まれていることか。

 それほど恵まれているはずなのに、

 なぜ人々の心は安らかにならないのでしょうか?

 なぜうつ病や精神的な病,自殺が増え続けるのでしょうか?

 なぜ人の物を奪い、人の命さえ奪って自分の欲望を叶えようとするのでしょうか?


 これらが今に始まったことではありませんが、
年々増加し悪化しています。犯罪が低年齢化し、
個人単位ではなく企業ぐるみの犯罪も増えています。
モラルが低下し人心が荒廃し続けています。

 かつての日本人の心は何処へ行ってしまったのでしょう?
日本の将来のことを考えると頭が痛くなります。   
 リストマーク直ぐキレる、些細なことで口論となり争いに発展する。

 他人の言うこと為すことが気に入らない、受け入れられないストレスがたまる、
イライラする・・・。心は千々に乱れ常に緊張しひと時も安らぐことがありません。

 巷ではたまったストレスを解消させることにのみ関心が寄せられ、
様々な方法やグッズが思惟されていますが、
ストレスそのものを無くす〜つまり如何なる状況下においても
“ストレスを感じない心”を作ることを説いている人は非常に少ないようです。 
                                
 なぜならそれは言葉で言えるほど簡単ではないからです。
理屈では解っていても実現することは困難を極めます。
知識として理解できても心がそれに応じられませんし納得しないからです。

 別なる言い方をすれば、IQ(知能指数)やHQ(人間力指数),
PQ(潜在能力指数)が高くても、EQ(心の知能指数)や
SQ(魂の知能指数)が低ければ不可能なのです。                             
 
 もし心が成長し受け皿が大きくなって許容量が増したのなら、
ストレスを受けても感情を乱されにくくなります。
さらに心を練れば(成長させれば)不動と成り、一切の囚われから開放されます。       
 リストマークでは心を練るとは何でしょうか?

 感情は自分の顕在意識により動かされます。
その顕在意識はそれまでの経験や学習で形成されますが、
それとともに潜在意識やその奥の宇宙意識(超意識)に操られています。

 それらの領域の意識に影響を与えるものが『魂の働き』であり、
『魂の働き』すなわち、霊性の支配下にあるものです。

 したがって霊性を正しく伸ばす(高める)ことが心の成長を齎すわけです。

 人として成長し大人になっても、
胎児〜幼少時に受けた虐待,いじめや様々な精神的苦痛によるトラウマが、
心の成長を止めてしまうものとして潜在意識の中に残り、
感情が不安定になってしまったり、うつ病や
精神的疾患(統合失調症や解離性人格障害など)を患う人がいます。

 病気にならないまでもイライラやストレス,
人間関系をうまくコントロールできない人がいます。 
                 
 またトラウマなどとは別に、本人の与り知らないことが
原因で心の障害を作ることもあります。

 潜在意識を超えた領域には前世のカルマや心霊の障り,
神仏の情報など、時空の制約を受けないエネルギーがあり、
それらによって霊性が乱され魂の働きが鈍り、
心の成長を止められてしまいます。              
 リストマーク霊性に悪い影響を与える物がある限り心は成長できません

 霊性が乱れたままだと幼い心のままで大人を演じなければなりません。
それは非常につらいこと(ストレス)です、
無理があり必ず何処かにゆがみ(心身の不調)を生じます。
                   
 調子を崩し病気にもなります。精神病に限らず、
生体の免疫力が落ちて恒常性を保てなくなり、
生活習慣病をはじめ癌や難治性の病気になるわけです。
とても真の心の安らぎは訪れないでしょう。
     
 ◎もし、本気で病気を治したいのなら、
 
 ◎もし、ストレスのない真の安らぎを手に入れたいのなら、

 ◎もし、死ぬのが怖い、死の恐怖から逃れたければ、

 ◎もし、不安と閉塞感に悩み、生きるのがつらい、
死んでしまいたいと考えるのなら、
                              
 ◎もし、物質的豊かさではない真実の幸せや、
何が正しくて何が間違っているかを知りたいのなら、 

 ◎もし、本当の自分を探し、自分を変えたいのなら、

 ◎もし、人の生きる真の目的を知りたいのなら、  
                              
 ◎もし、人の病気だけを癒やすのではなく、
その人全体を治したいと思うなら、

 ◎もし、治療家,セラピスト,ヒーラー,看護士,介護士さんで、
患者さんの治療をして体調を崩すこと
      があり、患者さんのマイナスのエネルギーに負けたくなければ、

 上記うちの一つでも願うものがあるのなら、霊性を高めることを考えるべきです。

 霊性を高めることで、心が成長し豊かになり、ストレスが減り、
病が快方に向かい、生きるのが楽になります。

 また患者さんの低霊性に負けて具合の悪くなることもなくなります。

 そして人や物事の上辺や外見からは見ることのできない
真の姿を知ることができるでしょう。            

 どんな病気も治すという治療家さんは本物なのか?
神の声が聞こえるという教祖や神父さん,その宗教は本物なのか?

 あなたの所属するグループや団体は、尊敬する先生や師匠は、
お参りする神社やお寺さんは・・・・果たして大丈夫なのだろうか?                                 


 次のページでは、霊性を高めるために先ず霊性のレベルである

霊格について紹介し、そのレベルを個々に解説します。
 高めるにはそれを邪魔している霊格の低いものを知り、
それらを徹底的に排除し縁を切ることです。       

 以下の内容でお伝えします。

 各ページの一番下のほうに、次のページへの入り口があります。
順序良く読んで頂くためにそのような面倒な仕組みにしました。
ご了承ください。

◎霊挌〜下げる要因をなくす         
◎霊挌〜エーテルランク            
◎霊挌〜アストラルランク           
◎霊挌〜メンタルランク            
◎霊挌〜ブッディーランク           
◎霊挌〜アートマーランク,ブラフマーランク
◎なぜ導師につかなければならないのか 

では次の『霊挌〜下げる要因をなくす』へお入りください。


区切り線