◎初めにねこ
 さて、これまでプラーナについて詳しく記したつもりでしたが、
まだぜんぜん解らないとか具体性に欠けるとか、
密教性が強いのはわかるが、
もう少し納得のいく解説が欲しいとのメールが多く、
少し迷いましたが、実習生にしか出さなかった内容をお話します。

 ここでは実際に当院で行われている施療について、
表には出せないプラーナの話や霊性の修正について紹介します。

 これらの解説になりますと、
医学とか治療のレベルでは説明ができなくなります。
宗教,神霊的な話が多少出てきます。
それらに対しアレルギーもしくは拒否反応を示される方には
お勧めいたしません。これらをを実際に行うには、
超能力や霊能力だけでは不足しています。
どうしても格式の整った宗教(神道,仏教,修験道など)的な“技法”を
使わざるを得ません。一言お断りいたします。

◎霊性とは
 霊性とは何か?プラーナを始めとして、
目に見えない実体のないものを言葉で表現することは
非常に困難を伴います。私達が日常的に使用している言葉でさえ、
いざ説明すると意外に難しいことに気が付きます。
簡便な例えでもあれば正しく伝わりますが、
この場合はそう都合良く行くとは思えません。
同じ内容の話をしても、
受け取る側の霊性のあり方によって解釈は異なります。
解釈によってはその人にとって不幸な結果を招く場合もあるため、
ここを訪れた方は、その辺をしっかり承知した上でご覧下さい。

 いまや霊性の言葉はあちこちで使われるようになりました。
霊性を学問的に研究しているのはトランスパーソナル心理学の学者,
研究者が中心ですが、その専門に研究している彼らでさえ、
それを的確に言い表している人は多くは見られません。
表現の難しさ以外にも理由があるからです。

 まず霊性を、私的にもっともシンプルに表現するならば、
『魂の性行とその状態』と言えるかと思います。
魂=霊性ではありませんが、霊性の基には魂があります。
魂は性質や習性のようなものを持っていて、
それには品位があります。自分や周囲の状況により影響を受け、
瞬時にしてその状態は変化し得るものです。
魂を見つめることができなければ霊性の理解は不可能です。
ですから魂を抜きにして霊性を語ることはできないのです。

 しかし彼ら研究者は、
魂と言う存在確証のされていないものを取り上げることを嫌います。
学問的ではないと考えるからでしょうか、
現時点では仕方のないことかも知れません。
そのためか魂や霊的背景を除いて説明しています。
彼らの解説を聞くたびに、
何か物足りない消化不良の様な感じを受けるのです。
とても残念でなりません。

 ならば自分で解説をと考えましたが、
やはり表現力の乏しさゆえ控えました。
霊性に関するサイトを紹介しますので、まずそちらをご覧になり、
基礎知識を付けて、
霊性についてご理解いただけたら次の霊性の修正にお進みください。

霊性学入門
残念ながら閉鎖中のようです
菅原浩先生のサイトです。霊性について独自のスタイルで研究されている。
“魂”を忌むことなく解説に使われています。
人体科学会 心と身体の関係ついて科学的に研究し、それは霊性にまで及んでいます。
日本トランスパーソナル心理学/
精神医学会
霊性を学術的に研究しています。
スピリチュアル・エマージェンス・
ネットワーク日本

人間の精神的成長プロセスを研究し、スピリチュアル(霊性)を扱っています。

  ライン